PEOPLE人を知る

お客様の幸せな暮らし、
未来をカタチに。

森下 沙弥 Saya Morishita 2020年入社(半田工業高等学校)

社員一人ひとりが
経営者意識を持てる環境

私は建築士になることが目標で、高校では建築科を卒業しました。ですが、チタコーポレーションでは「設計」以外に「営業」や「工務」のお仕事にも携わることが出来ると知り、自身の成長に一番良い会社だと思い入社を決めました。実際に入社後は様々な業務に携わり、例えば「営業」に必要な融資に関してなど、幅広い知識を身に着けることが出来ました。また、弊社では経費申請などの入力業務は新入社員が行います。そのため、自分の部署の数字を目の当たりに出来るため、一人ひとりが経営者の意識をもって志事(しごと)を行う事が出来るのも魅力の一つです。

お客様の未来を
作り上げる“やりがい”

新築を検討されているお客様は皆様、夢を抱いてご来店されます。お子様の成長を想像したり、老後の生活を思い描いたり、幸せな暮らしを求めている方ばかりです。お客様と未来のお話をしていると、私も幸せな気持ちになります。時には変わった要望を聞いてわくわくすることも! さまざまなお客様がご来店されて、それぞれにこだわるポイントや好みが違いますので、プランを考えるのはとても楽しい作業です。また、私のご提案したプランをお客様に気に入っていただけた時は本当に嬉しく、やりがいを感じます。

4年間の経験値が武器です

私は高校に入学したばかりの頃は大学に進学する予定でいました。しかし、建築を学んでいく中で、「高卒で社会に出て周りと差をつけよう」と思い就職。「学歴社会」と言われる世の中ではありますが、本当に努力をすれば高卒でも大卒の能力を上回ることは十分に可能だと私は思っています。年齢も関係ありません。高卒で入社すると、同い年の大卒の人よりも4年間も経験が多いことになります。自分と同い年の人が会社で大活躍していたら格好良くないですか?

まだまだ学生、夢を見るチャンスは大いにあります。たくさんの目標を掲げて社会人への第一歩を踏み出してください!

メニュー