PEOPLE人を知る

ここでなら、
人として成長できる。

阪口 祥平 Shohei Sakaguchi 建築営業・設計2013年入社(名城大学卒)

自分たちの幸せと、
お客様の幸せ。

大学を卒業してから3年間は、公共事業を取り扱う設計事務所に勤めていました。地元の小学校や警察署の新築・改修を設計する仕事です。エンドユーザー相手ではなく、役所の担当者が図面をチェックして終わり。特に喜びの声はありません。仕事は仕事、と割り切れればよかったのですが、私はどこか物足りなさを感じていました。そんな折、当時の上司とつながりのあった三好社長と知り合うことになりました。チタコーポレーションの第一印象は、皆楽しそうで家族のようだなということ。お客様満足と同じくらい社員満足を大切にしていて、「自分たちが幸せでないと、お客様を幸せにすることはできない」という考えを知りました。素直に、一緒に働きたいと思いました。最初の面接後、社長から「いつから出社できる?」といきなり聞かれ、その判断の早さにはさすがに驚いたのですが(笑)。

理想の家を建てるのは、
簡単じゃない。

入社当初は、設計部門で間取り作成や建築申請をしていましたが、消費増税で駆け込み需要があった際、対応できる社員が足りなかったので、自分も営業をやるようになりました。現在は建築営業課の課長職になり、メンバーの営業活動をサポートしつつ、設計やコーディネートの業務も並行して行っています。設計だけをやっていたときはそれほど意識していませんでしたが、お客様と資金面の話を詰めていくのは大変な作業です。希望の建物プランを実現するための融資が下りず、購入を断念されたお客様も中にはいらっしゃいます。売買と建築の営業、設計が連携し、実現可能な購入計画を提示する必要があるのです。理想の家を建てるのは簡単なことではない。でも、だからこそやりがいがあるのだろうと思います。

人のために、何かしたい。

社長からは、「仕事を知ることは、社会を知ることだ」と教えられています。衣食住のなかでも住は、生活をするうえで非常に大事な要素。私たちは「住の専門家」として、一生をかけて人や社会の役に立っていく、そんな誇り高い仕事をしているんだ、と。さまざまな分野でAI化が進行しているなか、土地の売買や家の建築には必ず「人の思い」が残る、と私は思っています。

チタコーポレーションにいれば、人として成長できます。もちろん早く能力をつけようと思えば、それだけの努力が必要となる。ただ、能力をつけたぶんだけお客様に喜んでもらえるという確かな実感が、努力を加速させるのです。人のために何かしたい、そのために頑張る。自分もそうありたいですし、そんな仲間と一緒に会社をつくっていきたいと思います。

メニュー