PEOPLE人を知る

自分の力を、最大限
発揮できる環境を求めて。

柴田 和人 Kazuhito Shibata 2018年入社(中京大学)

努力を積み重ねる力。

私は高校時代、2つの成功体験を積んでいます。一つは部活でレギュラーの座を獲得できたこと。100名以上が所属する野球部で、まったく期待されていなかったなか、練習を積み重ね、最終的には4番で正捕手の座をつかみ取りました。もう一つは大学受験。部活引退まで勉強しておらず、模試を受けたあと、塾の講師から「君は大学に受からない」とまで言われました。そこから必死で勉強し、なんとか第一志望の大学に合格することができました。そんな経験から、努力を積み重ねる力には自信を持っており、自分の力を社会で活かしていきたいと考えています。

ありのままの自分で、
思いきり。

大学では教員免許を取得するために勉強をしていました。しかし実際に教育の現場を経験すると、他の職業への興味が湧き就活をすることに。多くの会社が自社のサービスや特徴の説明に終始するなか、チタコーポレーションは経歴や考え方を深く聞いてくれ、私自身に興味を持って接してくれました。さらには、リクルーターの枠を超え、自分にとって一番良いキャリアについて一緒に考えてくれました。自分のありのままを受け入れてもらえ、そのうえで自己実現に向けてサポートがしてもらえる環境に強く惹かれました。ここでなら思いきり頑張れると思い、入社を決意しました。

今をしっかり生きる。

就活を成功に導くために、重要なことはこれまでに自分がやってきたこと、考えたことをしっかりと伝えることだと思います。勝手に背伸びして、自分の実力以上のことをアピールしたり、相手に合わせたりするのでは、本来持っている自分の魅力は伝わりません。

とことん自分自身と向き合って、なぜそんな行動をしたのか、どんな気持ちだったのか、一つひとつ思い出して伝えられるようにしておくことが大事だと思います。そのためにも、在学中は自分が取り組んでいることに全力を出してほしいです。その経験が自身を成長させ、就活でも語りうる内容になると思うからです。

メニュー