PEOPLE人を知る

ただ設計ができるだけではない
建築家を目指して。

清水 亮徳 Akinori Shimizu 建築営業・設計2017年入社(大同大学卒)

人の印象を変える
空間づくりを目指して。

私は幼い頃から、ものをつくることが大好きでした。小さいころはよくレゴで遊び、満足ができなくなってからは木材などを自分で調達し、模型をつくって遊んでいました。なかでも地元で有名な「はんだ山車まつり」にて使われる山車はよくつくりました。高校生のとき、家族で行った東京旅行にて、「国立新美術館」を訪れ、そこで展示品そっちのけで、美術館の外観そのものに見入ってしまいました。開放感や重厚感など、さまざまな印象を感じることができる、そんな空間を自分もつくれるようになりたいと建築家を志し、大学も建築学部を選びました。そこで安藤忠雄氏の事務所にてアシスタントも務めた先生の下、建築の奥深さを学び、さらにのめり込むことに。卒業が迫り、建築事務所に入るための就活を開始しました。

お客様の個性は、
お住まいに出る。

社会人としての一歩目の場所は、美術館など公共施設の設計をメインでおこなう事務所でした。しかし1年ほど業務を経験するなか、事業主の予算の都合で利用者の利便性が損なわれてしまう現状に違和感を感じ始めました。一方、数は少なかったですが住宅の設計に携わる機会もあり、使う人の性格や個性まで感じながらおこなう設計にやりがいを感じました。そこで、住宅の設計をメインでおこなっている会社に絞って転職活動をおこなうことに。その結果、チタコーポレーションに出会い、他社と比べ、より明確に「利他」のビジョンを打ち出しお客様にも地域にも貢献しようと仕事をしている姿勢に惹かれ、入社を決意しました。

オールマイティでありたい。

入社時にも言われていたことですが、チタコーポレーションでは、設計だけでなく、お客様と直接打ち合わせをおこないます。それによって、営業マンではわからないような細かな仕様の話や、建築基準的に実現可能か否かなど、我々でしか気づけないような視点を補うことができます。お客様のためになることはもちろんですが、個人的にも、ただ設計ができるだけではなく、その魅力をお客様にプレゼンできる能力が身につくと感じており、非常にありがたいと思っています。

代表の三好は、社員に対して「会社をステップアップのために使ってくれて構わない」とよく言います。たとえ私が独立したとしても、経営者が増えれば雇用が生まれ、そのぶん街が潤うなら構わない、という考えからです。だからというわけではないですが、将来個人事務所を持つことを視野に入れつつ、今の環境を活かして成長していきたいです。

メニュー