PEOPLE人を知る

「ありがとう」が、
もらえる仕事を目指して。

渡邉 爽容子 Sayoko Watanabe 2018年入社(中京大学)

ここでなら
成長できるに違いない。

私の就活の軸は大きく2つでした。一つは生まれ育った地元に貢献している企業であること。もう一つは事務職であること。というのも、数字を扱うのが得意でしたし、細かいことをコツコツおこなうことに達成感を感じる性分で、向いていると思ったからです。逆に言うとそれ以外の軸は持たず、フラットにいろんな会社を見ていました。そんななか、知多半島の会社を対象にした合同説明会に参加し、チタコーポレーションに出会いました。「未来の社長を育てたい。そのためのコストは惜しまない」という社長の言葉に感銘を受けました。人件費の削減に取り組む会社が多いなか、この会社は「人」に投資している。ここでならきっと自分を成長させることができると感じ、入社を決意しました。

「ありがとう」は
最高のエネルギー。

学生時代、地元の喫茶店で接客のアルバイトをしていました。日々の業務のなかで、お客様にかけられる「ありがとう」という言葉がとてもうれしく、働くエネルギーになっていました。そんな経験から、今度は仕事で「ありがとう」という言葉を同僚にかけてもらえるよう、成長していきたいと思っています。私は決めたことに一生懸命取り組むことは得意ですが、視野が狭く、不測の事態が起きたときなどに柔軟な対応ができないことが欠点だと感じています。何が起きても「渡邊に任せておけば大丈夫」と思ってもらえるよう、信頼できる仕事を積み重ねていきたいです。

ありのままの自分を、
じっくり伝える就活を。

就活中よく見かけたのは、とにかくエントリー数を増やして面接をこなしている人。たくさんの会社にエントリーすることは悪いことではありません。ただ、そのせいでじっくりと一つひとつの会社を見れないのは本末転倒です。

私の場合は、まずサイトやパンフレットなどを隅々まで読み、会社の考え方を理解したうえで、一日会社体験といった機会を利用し、会社内の雰囲気を見に行ったりしていました。しっかり自分にマッチしているのかどうかを見極め、そのうえで選考に臨むことで自然と企業にとっても魅力的な人材として映るのだと思います。

メニュー